相続税相談Q&A

 >> 
 >> 
生前贈与の基礎控除の関係について
Btn-post
匿名で税理士に新しく質問する
相続税相談Q&A

生前贈与の基礎控除の関係について

親も高齢となり今後考えておかなければと思い相談しました。
親の財産(特に現金/預金)がいくら持っているかもわかりませんが、節税を考えた場合の110万円を限度に子供に生前贈与という形で配分しておくと非課税とありますが、単純にもらうだけで問題ないのでしょうか? 後から贈与税を請求されない様に何か証明等を残したりする必要があるのでしょうか?

回答件数 1
相談日 2017.5.28   相談者 Qさんさん

回答いたします|相続診断士 杉山文菜

過去に掲載していた専門家の回答

贈与契約書が必要になります。

契約書をきちんと取り交わしていないと、もらったお金なのか、借りたものなのかを証明することができずにトラブルになってしまうケースもありますのでしっかりと契約書として残しておきましょう。

どのように書けばいいのか、そもそもどういう手順にすべきなのかは税理士などの専門家に聞くのがいいと思います。


この質問と同じカテゴリの質問一覧を見る

相続税の節税 生前贈与

この回答で満足を得られなかった方へ

相続税相談の「質問と回答」から検索/相続税に関する相談を投稿

過去に他の方から投稿された相続税相談の「質問と回答」から検索する


相続税に関する相談を匿名で投稿する ※専門家からの回答は約2営業日前後で投稿されます

Btn-post

相続税Q&A一覧へ戻る