借金があったら - 相続税に関する基礎知識

基礎知識から落とし穴まで

 >> 
基礎知識 - 借金があったら

借金があったら

借金があったら

■借金も財産の一部として引継ぐ

被相続人に負債があった場合、相続人は原則的に負債を含む全ての財産を引き継ぎます。
これを「単純承認」といいます。
しかし、<相続税がかかる財産とは>で述べている通り、負債は課税価格算出の際に差し引かれることになります。
従って、相続財産を負債が下回っていれば、相続税はかからないことになります。
問題は、負債が相続した財産を上回ったときです。相続財産で負債を返済しきれない場合には、以下の2通りの方法で解決することができます。

(1)限定承認
相続で得た財産の範囲内で負債を引き継ぐこと。
これには相続人全ての賛成が必要であり、1人でも「単純承認したい」という反対者がいれば行うことができません。

(2)相続の放棄
相続を放棄し弁済義務をなくすこと。
相続の開始を知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てる必要があります。
3ヶ月を過ぎると相続を承認したとみなされ負債を引き継ぐ義務を負いますが、相続財産の調査に時間がかかる場合などは、3ヶ月の期間延長が可能です。