相続税の基礎控除とは - 相続税に関する基礎知識

基礎知識から落とし穴まで

 >> 
基礎知識 - 相続税の基礎控除とは

相続税の基礎控除とは

相続税の基礎控除とは

相続財産が5000万円以下の場合には、相続税はかかりません。
これを「基礎控除」といい、

<1000万円×法定相続人の数+5000万円>

の計算式で算出が可能です。

例えば、夫・妻・子ども2人の4人家族で夫が死亡した場合、法定相続人は妻と子ども2人となり、

1000万円×3人+5000万円=8000万円

が基礎控除額となります。

夫の財産から負債や葬儀にかかる費用などを差し引いて、課税財産価格が8000万円を超える場合には、相続税が課税されるため申告しなければなりません。
8000万以下であれば非課税ですが、特例適用時には申告しなければならない場合もあります。