平成27年|相続税の改正と基礎控除が下がったことによる影響

~いざという時の備えに~相続税コラム

キーワードからコラムを探す
相続税 無料相談Q&A

過去の「質問と回答」から検索する


相続税に関する相談を匿名で投稿する

Btn-post ※専門家からの回答は
 約2営業日前後で投稿されます
相続税コラム

平成27年|相続税の改正と基礎控除が下がったことによる影響

Gf01a201502151000

平成27年に相続税の基礎控除をはじめとする相続税の内容が大幅に改正されました。それによって、相続税の課税対象になってくる方も多いのではないでしょうか。
 
今回は、改正された相続税について、「何が改正されたのか?」「どのような違いがあるのか?」「改正されたことによりどのような影響があるのか?」などをまとめてみました。
 
今後、相続が発生して相続税と関わってくるかもしれない方や、すでに相続が発生して相続税について知っていきたい方の参考になればと思います。
 
 
【目次】
平成27年の相続税の改正5つのポイント
 ◆相続税が改正された時期
 ◆基礎控除の改正
 ◆相続税の税率の改正
 ◆未成年者控除の改正
 ◆障害者控除の改正
 ◆小規模宅地等の特例の改正
まとめ|今回の基礎控除改正で相続税の対象になった方は多い
 
 

平成27年の相続税の改正5つのポイント

冒頭でもご説明しましたが、平成27年(2015年)に、相続税について大幅な改正がありました。特に大きな改正ポイントは、相続税の基礎控除と税率ですが、他にも改正された項目はいくつかあります。まずは、何がどのように改正されたのかを具体的にご説明していきます。
 
現在(2016年)は、既に改正後になりますので、改正後の控除・税率などで相続税の申告を行なっていきます。対象となる方は、各項目のリンク先も一度ご覧いただくことをおすすめします。
 

相続税が改正された時期

既に触れましたが、相続税の改正は平成27年1の事です。対象は改正後に相続が発生した方になりますが、改正からすでに1年が経過しています。そして相続税の申告は相続発生から10カ月以内と決まっていますので、まだ相続税の申告をされていない方も、これから相続が発生される方も、今回お伝えする改正後の相続税で申告を行ないます。
 

基礎控除の改正

相続税の改正で一番大きなポイントは、相続税の基礎控除の改正です。基礎控除以下の相続財産だった場合、相続税は発生しないので申告必要がありません。しかし、今回の改正により、相続税の基礎控除が大幅に引き下げられました。
 
これによって、相続税の対象者が大幅に増えました。具体的な改正点は以下の表をご覧ください。
 

 

改正前

改正後

適用時期

平成26年12月31日まで

平成27年1月1日以降

定額控除

5,000万円

3,000万円

法定相続人

1,000万円に法定相続

600万円に法定相続

比例控除

人数を乗じた金額

人数を乗じた金額

 

改正後の相続税基礎控除の計算式

このような改正後の相続税基礎控除ですが、基礎控除を求める式は
 
【3,000万円+600万円×法定相続人の数】
 
となります。つまりは、最低でも3,600万円の基礎控除があるわけです。この基礎控除以下の相続財産しかなかった場合は、そもそも相続税の対象になりません。
 

基礎控除改正による影響

表の改正前の基礎控除をご覧いただくと、最低でも6,000万円の相続財産がなければ、相続税の対象になりません。6,000万円と言うと、家一軒(もしくは高価な家や広大な土地)と土地に加え高額な財産や別荘などを持っていないと到達はしないでしょう。
 
しかし、改正後の基礎控除は3,600万円からです。ちょっと家とちょっとした預貯金を持っている方は、課税対象にもなってくるのではないでしょうか。基礎控除の改正により多くの方が課税対象となりました。
 
【関連記事】
相続税を簡単に計算する方法と控除を利用した節税方法まとめ
 

相続税の税率の改正

基礎控除以外にも相続税の改正ポイントはあります。まずは税率です。実際に課税対象となった方から徴収する相続税の金額がアップしました。
 

各法定相続人の取得金額

改正前の税率

控除額

改正後の税率

控除額

1,000万円以下

10%

10%

1,000万円~3,000万円

15%

50万円

15%

50万円

3,000万円~5,000万円

20%

200万円

20%

200万円

5,000万円~1億円

30%

700万円

30%

700万円

1億円~2億円

40%

1,700万円

40%

1,700万円

2億円~3億円

40%

1,700万円

45%

2,700万円

3億円~6億円

50%

4,700万円

50%

4,200万円

6億円超

50%

4,700万円

55%

7,200万円

 
これは、億単位の高額な相続をしない限り直ちに大きな影響はありませんが、もしかしたら、今後、数千万円の相続財産に対する税率も変わってくるかもしれません(これはあくまで筆者の憶測です)。
 

税率が改正されたことによる影響

例えばですが、3億円の相続財産を取得したとします。改正前は40%、改正後は45%の税率がかかります。たった5%と思うことなかれ
 
【改正前】1億1,320万円
【改正後】1億2,285万円
 
となります。その差965万円です。高級車が1台買えてしまいますね。少しスケールの大きい話ですが、このように相続税率の改正によって影響を受ける富裕層の方も多くいるでしょう。
 
【関連記事】
相続税の税率と計算方法|節税に有効な非課税まとめ
 

未成年者控除の改正

基礎控除以外の控除も2つ改正されました。しかし、この改正はこれから相続税申告する方には朗報です。まずは、未成年者控除額が改正により引き上げられました。
 
未成年者控除とは、簡単に言うと未成年者が相続を受ける場合、一定額控除を受けられる控除制度です。
 

未成年者控除の控除額

未成年者控除の改正前・改正後の控除額は
 
【改正前】


満20歳になるまでの年数×6万円
 

 
【改正後】


満20歳になるまでの年数×10万円
 

 
となります。例えば、10歳の人が相続を受けたとすると、満20歳まで10年あるので(1年未満は切り捨て)、未成年者控除によって【改正前】60万円。【改正後】100万円の控除を受けられます。
 
その差40万円です。繰り返しますが、未成年者控除は相続税申告者にとってプラスとなる改正点です。
 
【関連記事】
相続税の税額控除制度の種類まとめ
 

障害者控除の改正

上記の未成年者控除に加え、障害者控除の控除額も改正されました。こちらも控除額の引き上げで、利用される方にとってプラスになります。障害者控除は、相続を受け取る方が障害をお持ちの際に利用できる控除制度です。
 

障害者控除の控除額

障害者控除の改正前・改正後の控除額は
 
【改正前】


85歳になるまでの年数×6万円
(特別障害者12万円)
 

 
【改正後】


85歳になるまでの年数×10万円
(特別障害者20万円)
 

 
となります。例えば、今回相続を受ける方が20歳で障害をお持ちであれば、85歳まで65年ありますので、【改正前】398万円。【改正後】600万円の控除を受けることができます。
 
【関連記事】
相続税の障害者控除を受けられる条件と控除額の計算方法
 

小規模宅地等の特例の改正

小規模宅地の特例とは、相続税の発生によって現在住んでいる宅地を売却することを防ぐ為に設けられた特例です。利用することにより最大80%の土地の評価額が下がります。
 
課税対象の多くが土地になっている方も多いでしょうから、ぜひ知っておいて欲しい特例ですが、相続税の改正に小規模宅地の特例も含まれています。複数の改正箇所がありますが、結論から言いますと、こちらも申告者にとってプラスに働きます。
 

限度面積の拡大

小規模宅地の特例は、相続する宅地や土地が広すぎると減額割合が徐々に減っていく仕組みになっています。しかし、今回の改正によって限度面積が拡大されました。これにより、多少広い宅地を相続しても最大80%の土地の評価額減額を受けられる可能性が高くなりました。
 
【改正前】


居住用の宅地などの限度面積
 

居住用・事業用の宅地の併用の限度面積


240㎡
 

400㎡

 
【改正後】


居住用の宅地などの限度面積
 

居住用・事業用の宅地の併用の限度面積


330㎡
 

730㎡

 

二世帯住宅に対する適用

二世帯住宅の場合、共に生活を送っているとして、場合によっては小規模宅地の特例を受けることが可能です。ただ改正前は、二世帯住宅であっても建物内で行き来ができなければ、対象外とされていました。
 
しかし今回の改正により、内部で行き来ができない二世帯住宅でも区分所有登記をしていなければ、小規模宅地の特例を受けることが可能になりました。
 

老人ホームに入居している場合の適用

改正前は、被相続人が老人ホームに入居している場合、一緒に生活をしていないとして、小規模宅地の特例を受けられませんでした。しかし、今回の改正により、老人ホームに入居していても小規模宅地の特例を受けることが可能となりました。
 
被相続人が老人ホームに入居していながら小規模宅地の特例を受けるには、「介護のために入所したこと」「家屋が賃貸などの別の目的に利用されていないこと」の条件を満たす必要があります。
 
【関連記事】
土地の評価額が80%下がる小規模宅地の特例の仕組みと条件
二世帯住宅と税金|二世帯住宅で税金が下がる仕組みと注意点
 

まとめ|今回の基礎控除改正で相続税の対象になった方は多い

いかがでしょうか。平成27年の相続税の大幅改正は以上になります。特に、基礎控除の引き下げによって相続税の課税対象となった方も多いのではないでしょうか。3,000~4,000万円などは、家を購入してしまえばすぐに到達してしまうような財産です。
 
今回の改正により、より多くの方がいずれ起きる相続と、相続税について基礎的なことを知っておく必要が出てきたでしょう。また、相続税対策は相続発生前からも行うことができます。
 
まだ相続前の方は
【相続税対策】今からでもできる相続税を抑える19の方法
相続税の課税対象者が増えた理由と課税対象である財産まとめ
 
すでに相続が開始した方は
相続税の申告手続きの手引き|活用すべき控除制度まとめ
 
などをご覧いただければと思います。具体的な内容でお困りでしたら、税理士などの専門家に相談してみても良いでしょう。
 

編集部

本記事は相続税相談ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※相続税相談ナビに掲載される記事は税理士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

相続税の申告に関する新着コラム

相続税の申告に関する人気のコラム

相続税相談の「質問と回答」から検索/相続税に関する相談を投稿

過去に他の方から投稿された相続税相談の「質問と回答」から検索する


相続税に関する相談を匿名で投稿する ※専門家からの回答は約2営業日前後で投稿されます

Btn-post

相続税の申告コラム一覧へ戻る